ゲーム買取をしてくれるお店同士の競争

私はゲームはなるべく発売日に購入するタイプです。そして早くクリアをして売りにいきます。早めに売ると高く買取をしてくれるからです。RPGで一週間、アクションゲームだったら三日くらいでクリアをしてしまいます。ゲームはよほど気に入ったものではない限り二回はやりません。それよりも早く売って、そのお金で新しいゲームを買った方がましだと思うからです。
最近はネットのオークションサイトなどでゲームの売買をする人もいますけど、私はそういった知識がないのでゲームでも本でも買取をしてもらう時は、お店まで足を運ぶことにしています。
ゲームの買取に利用するのは中古ゲーム専門店か、レンタルビデオ店付属の大型ゲームショップです。昔は専門店の方が高く買取をしてくれていましたけど、今はやはり大企業の強みか、レンタルビデオ店付属の大型ゲームショップの方が高く買取をしてくれます。
何よりも、大型ゲームショップは、きちんと買取価格をチラシやホームページに掲載してくれるのがありがたいです。どのゲームは何日までは幾らで買い取りますと、きちんと明記しています。
小さな個人経営の中古ゲーム専門店だと、実際に売りに行って見積もりを出してもらうまで買取価格がわからないことが多々あります。そういった場合、大体にしてびっくりするような安値がついてしまうのですが、見積もりまで出してもらって買取を中止するのも相手に悪いと思い、つい承知してしまうことが多々ありました。
最近の大型店はチラシに「もし他店の方が高かったらお知らせください」と書いてあります。ゲーム買取をしてくれる大型店は近くに二つあり、どちらの店のチラシにも買取価格が書いてありました。
A店とB店のチラシを見比べた結果、同じゲームでもA店の方がB店よりも100円高く買取をしていました。私はA店のチラシを持って、B店に行き、A店のチラシを見せました。するとA店よりも、さらに100円高くゲームの買取をしてくれたことがあります。